ヒゲ脱毛格安で後悔しない男性脱毛

ヒゲ脱毛格安で後悔しない男性脱毛

ヒゲ剃りをするたびに、肌がカサついたり、傷ついたりして切り傷ができたりしたことはありませんか?

 

早く血を止めて出勤したいのに、そんな時に限ってなかなか止まってくれません。やむおえず絆創膏を貼ってということになってしまいます。

 

またその傷から細菌が入って、毛嚢炎を起こしたりしてヒゲ剃りができない状態になることもあります。

 

ヒゲの濃い人がヒゲが剃れない状態が3日でも続いたなら、おそらく泥棒のような感じになってしまうのではないでしょうか。さすがにそのままでは恥ずかしいので、マスクでヒゲを隠すといった小細工も必要になります。

 

なので、ヒゲ剃りの時は慎重に傷をつけないようにしないといけません。でも敏感肌やアトピー肌の人などは、ヒゲ剃りだけでも十分肌に刺激になります。カミソリ負けをしない人でも面倒なヒゲ剃りなのでできればしたくないと思うのは当然ですよね。肌の弱い人も普通の人もヒゲ剃りをしなくていい方法は1つです。それはヒゲ脱毛です。

 

ヒゲ脱毛をすると肌にカミソリの刃をあてることもなくなるので、肌あれや傷などから肌を守ることになります。また脱毛をすると毛穴もキュッと締まるので、ヒゲがなくなるだけでも見た目に良くなるうえに肌がすごくキレイになります。

 

ヒゲの脱毛方法

  • フラッシュ脱毛
  • 医療レーザー脱毛
  • 電気脱毛

 

永久脱毛を希望するなら医療レーザー脱毛か電気脱毛を選びましょう。痛さが苦手な人はフラッシュ脱毛がいいですね。ヒゲ脱毛は自分がどんな感じになりたいかとしっかりと決めておきましょう。

 

ヒゲ脱毛のポイント

  • ヒゲ剃りを一生したくない
  • 頬〜首まで全部脱毛したい
  • 口周りは残して頬の部分を脱毛したい
  • デザインひげにしたい
  • 全体的に毛量を減らしたい
  • 今は必要ないけれど将来は生やしたい

 

とにかく一生ヒゲ剃りから解放されたいという人は、完全にヒゲ脱毛してOKなのですが、今はヒゲはいたないけれど、将来歳をとった時にヒゲを生やしたくなるかもしれないという人もいます。そんな人が永久脱毛をしてしまうと、ヒゲが生えてこないので後悔してしまうことになります。

 

例えば10回でツルツルになる部位を4回くらいでやめておくという方法でヒゲをある程度残しておくことができます。カウンセリングの時に、完全にしっかり脱毛したい部分と、将来生やす可能性がある部分をきちんと伝えておくといいですね。